先日、Amazonで本を注文しようとしていいたら、『オンデマンド(ペーパーバック)』という表記がありました。

 

このオンデマンド(ペーパーバック)ってそもそも何?

 

これが現物の本を意味するのか電子書籍を意味するのか全く分からないまま、とりあえず購入してみました。

 

スポンサードリンク

この他にKindle版もあったのですが、電子書籍はどーも苦手。

 

できれば実物の本で読みたいと思ったのですが、このオンデマンド(ペーパーバック)を注文して、本当に本が届くのか?

 

はたまた、電子書籍をコピーしただけの用紙がファイリングされて届くのか?

 

少し不安はありましたがモノは経験だと購入ボタンをクリック。

 

on

 

さあ、どんな形状のものが届くのやら・・・。

 

本が到着

待つこと数日。

 

ポストに投函されていたのがコレ。

 

Amazonから届いた荷物

 

何か本にしては薄い気がするけど、硬さもあり一応本としての体裁は整えてる感じもする・・・。

 

そして部屋に帰って包みをオープン。

 

何か分からず気になっていてオンデマンド(ペーパーバック)の正体はコレ。

 

ペーパーバックの本

 

どんなものが届いたのかと心配していたのですが、中身は完全にちゃんとした『本』でした。

 

『良かった~。電子書籍をプリントアウトしたものが何百枚も届かなくて・・・。』

 

とは言ってもハードカバーの本ではなく、簡易的に作られたコンビニで売っている本のような感じ。

 

ペーパーバックの本の背表紙

 

日本で言うところの文庫本みたいな位置付けになるのかもしれませんが、中の用紙は文庫本みたいにぺらぺらではなく、そこそこ厚みがあるものが使われています。

 

本の地

 

これで1000円すると考えると値段的には高い感じもしますが、まあそこは内容に価値があると思えばそんなには気になりません。

 

普通に販売されている本に比べると利益はかなり多いんじゃないかと思います。

 

オンデマンド印刷の本

 

ペーパーバックとは薄い表紙の本という意味だそうで、簡単に言えば無駄を省いた最もシンプルな本の形。

 

よくコンビニで売られている廉価版のマンガがビジネス書になった感じです。

 

オンデマンド印刷

ではオンデマンドの意味とは?

 

ここでいうオンデマンドとはオンデマンド印刷の事で、注文が入ってから印刷、製本して出荷する方式。

 

注文が入ってからの印刷のため、出版社側は在庫を持たなくていいという大きなメリットがあります。

 

また、在庫がないので品切れになる事もありません。

 

要は本の内容を全てデータで管理し、注文が入ったら印刷、製本して発送するという、超合理的なシステムです。

 

このオンデマンド印刷が流行れば個人で本を出版するのがとても簡単になり、出版社や書店にとっては大きなダメージとなりそうです。

 

ただ、とても合理的なシステムなので、今後はペーパーバックの本やオンデマンド印刷が主流になっていくのではないかと思います。

 

表装などが安っぽくても内容に価値があれば問題がない訳なので、個人や小さな企業が気軽に本を出版するという時代がやってきそうです。

 

まとめ

という訳でAmazonで本を購入する際に『オンデマンド ペーパーバック』という表示。

 

これは注文が入ってから印刷、製本して送られてくるもので、本自体はハードカバーなどではなく、簡易的に作った本が届くという意味です。

 

本自体は廉価版なので作りは安っぽいですが、その代わりにマニアックな本や絶版の本が手に入るというメリットがあります。