「原付のタイヤがパンクしたので修理して下さい。」

 

という連絡を受けてバイクを引き取りにいくことがあります。

 

しかし、純粋に釘のようなものを踏んでパンクしているケースというのは意外と少ないです。

 

では何故、タイヤの空気がなくなってパンクのような状態になるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

パンクの原因

最近は道路に釘などが落ちているという事が減ったのか、タイヤに何かが刺さったといった事はそんなに見かけません。

 

原付スクーターのパンクの原因で1番多いのは、空気を注いでいないだけというのがほとんどです(笑)

 

当たり前の話ですがタイヤの空気は自然に減っていきます。

 

なので、3ヶ月に1回くらいはガソリンスタンドなどで空気を入れてあげる必要があります。

 

tire

 

タイヤの空気がないまま原付に乗っていると、タイヤが重みで潰れてしまいますよね?

 

すると、空気の力でホイールに押さえつけられていたタイヤが、ホイールから外れてしまします。

 

するとバイクは真っ直ぐ走れなくなるので、そこで多くの人がパンクしたと気づきます。

 

初期症状

あなたの原付はいつタイヤに空気を入れましたか?

 

記憶がないという方は、タイヤに空気がないままバイクに乗っている可能性が大きいので、早めに空気を充填するようにしましょう。

 

後輪タイヤの空気が少なくなると、カーブ等を曲がった際に後輪タイヤが横に滑るという症状が起きます。

 

その他にも、路面の段差を越える時に衝撃が直に伝わるので、『ガタン』という強い振動で飛び跳ねてしまう事もあります。

 

これらの症状が思い当たる場合は要注意です。

 

早めに空気を注いでおけばタイヤがホイールから外れて走行できなくなる事もないですし、そうなれば修理代もかかりません。

 

これは意外と皆さん忘れている重要なポイントです。

 

タイヤ寿命を延ばす

先程も書きましたが、タイヤに空気がないまま走行していると、タイヤが潰れてしまいます。

 

するとタイヤの側面を伸ばすように力がかかってしまうので、タイヤにひび割れが発生します。

 

もちろん、ひびが大きくなればそこから空気が漏れるようになり、タイヤを丸ごと交換しなければいけなくなります。

 

タイヤの溝は沢山残っているのに交換・・・。

 

そんな悲しい事にならないためにも、タイヤの空気圧をチェックするという習慣をつけましょう。

 

多くの人が忘れてしまっている事ですが、たったそれだけで、タイヤの寿命を延ばすことができますよ。

 

パンク修理料金

原付バイクのパンク修理料金はクギなどが刺さった一般的なパンクであればそれほど高くはありません。

 

バイク屋さんに持っていっても1500円~2000円といったところです。

 

ただ、チューブを使用しているバイク(カブ等)やパンク修理に手間のかかるバイクはコレよりも料金は高くなります。

 

今の原付はほとんどがチューブを使用しないタイヤなので比較的作業時間も短くて済みますよ。

 

関連記事→原付を廃車する方法と全手順!費用はいくら掛かるのか?