親族や従兄弟の結婚式に参加する場合はご祝儀をいくら包めばいいのか?

 

本題に入る前にご祝儀の意味を確認しておきたいと思います。

スポンサードリンク

ご祝儀とは?

「ご祝儀」とはお祝いの儀式をさして使っていた言葉で、現在では喜ばしい出来事での祝意を伝えるため、その際のお手伝いに対する謝意を表すために贈る金品を指す言葉になっています。

 

このように、ご祝儀とは喜ばしいことに対して「気持ちを伝える」ことが大切であるため、間違えなく送りたいですよね。

 

今回は親族や従兄弟の結婚式のご祝儀の相場についてお伝えしていきますが、近しい人たちだからこそマナーはしっかりしとしておきましょう。

 

私の体験談

私がこれまで出席してきた最も近しい方のお祝いの場というと従兄弟たちの結婚式。

 

全ての席が主人と二人での参列だったので毎回あわせて5万円を包んできました。

 

それぞれの式の間には年単位の開きがあるのですが、年齢が上がっていっても金額は変えなくても問題はありません。

 

これからその「相場」についてお話しをしていきますが、「相場」はそれぞれの考え方に基づいて決めるものであるとも言われています。

 

つまり、本来の祝宴とは出席費を支払うものではなく、二人の門出を祝福するためにあり、その姿さえ見ることが出来れば、他の華美なものは要らないものでもあります。

 

wedding (2)

 

でも地方柄、会社柄、大きな祝宴を開かざる負えないこともありますので、どんな形にせよ幸せな二人へおめでとうの気持ちをしっかり届けたいものですね。

 

ご祝儀の相場

新郎新婦の兄弟姉妹

まずは新郎新婦の兄弟姉妹のケース。

 

この時は50,000〜100,000円となっています。

 

弟、妹が兄、姉に包む場合、その年齢によって多少それよりも少額になることはおかしくありません。

 

また夫婦で出席をする場合は100,000円〜という考え方になっています。

 

新郎新婦の従兄弟

従兄弟の結婚式も昔から互いのことを知っているだけあって、お喋りが弾む場でもありますよね。

 

そんな近しい人たち同士のマナーについては実はあまり知られていない、あるいはあまり気にかけていないことも多々あります。

 

新郎新婦の従兄弟のご祝儀の相場は30,000円~と言われています。

 

そして夫婦で出席する場合についてですが、単純にその額の2倍と考えないように注意しましょう。

 

つまりお祝い事の世界では割り切れてしまう数字は「切れる」という良くない意味を持っているため、4、6よりも、5、7が好まれます。

 

また9が苦労の「苦」を連想させるため避けるべき数になっています。

 

困ったときの考え方として70,000円が良いけれども、50,000円になる場合はそこに10,000円程度の贈り物をつけると良いでしょう。

 

balloon

 

また、これは近しい方のお祝いに出席する場合ですが、子供がいる場合は年齢に応じて上乗せした方がよい場合があります。

 

乳児の場合は席・食事が不要なので上乗せをする必要がありませんが、それ以上ですと幼児~6歳位までは5,000円、小・中学生は10,000円、高校生は20,000円といった感じです。

 

初めて子供と参列する場合、今までとルールが変わりますので、その点はあらかじめコンタクトを取って確認しておくのが無難かもしれませんね。

 

まとめ

エピソードにも書きましたが、近しい人たち同士はお祝い事の度に集うこともあるので気遣いを避ける風潮があるかもしれません。

 

なので、一般的な相場と家の風潮を鑑みながら決めると安心です。

 

そして渡すタイミングですが、近しい間柄ならお祝いを伝えながら事前に渡すことも1つです。

 

親族や従兄弟へのお祝いだからこそ、他のお客様とは違って差をつけた気遣いで、サポートすることを大切にしたいものです。