皆さんは、瞑想を行ったことがありますか?

 

静かな空間で目をつぶり、心を落ち着かせ潜在意識に語りかける。

 

瞑想とは簡単に言えば、このような流れを行うことですね。

 

瞑想のやり方は多種多様で、人によっても様々なのですが、今回は最もメジャーな方法と、それを行ったことによる影響についてお話していこうと思います。

 

スポンサードリンク

心のざわつきがあったり本当の自分の声を聞きたい時など、瞑想は様々な場面で役に立ちます。

 

今や有名なアーティスト、芸能人、スポーツ選手までもが取り入れ始めているほどです。

 

彼らもヒーローやスーパースターのように見えて同じ人間なので、不安に思うこと、調子が悪い時というのは必ずあります。

 

ただ、そんな時だからこそ瞑想を取り入れて心に平穏を取り戻しています。

 

様々なストレスを解消する効果があると言われる瞑想。

 

あなたも瞑想で普段の生活では向き合うことが難しい、自分自身と向き合ってみましょう。

 

具体的なやり方

さて、瞑想の具体的な方法についてですが、次のような順序でやってみましょう。

 

  1. まずは周りに気が散る原因となる音や光を遮断し、リラックスするための準備をします。
  2. 次に目を閉じてゆっくりと呼吸をし、肩の力を抜きましょう。
  3. 呼吸を繰り返すことにより、少しずつリラックス状態になってきます。この感覚を楽しんでください。
  4. この時、頭に何か浮かんできても、自分の呼吸にだけ意識を向けてください。
  5. そうすると、だんだんと呼吸に集中できてくるのが実感できるはずです。
  6. この辺りから、潜在意識に入り始めています。
  7. 頭部横のあたりに集中して、自分の意識が奥深く潜る感覚を味わいます。

 

そうすると、体がポワ~ンと浮かんでいるかのような不思議な感覚が体験できます。

 

意識はハッキリとしていても何か現実にはいないような感じで、呼吸をしている状況が心地よく感じられます。

 

meisou

 

初めての人は、ここまでの流れで必ずしも上手くいくとは限りません。

 

途中で雑念が浮かんできて、呼吸に集中できないという事もあります。

 

そんな状況が続いても、回数をこなしていればすぐに深い瞑想状態に入れるようになってくるので、しばらくは瞑想を続けてみましょう。

 

とにかく、呼吸に集中することがポイントです。

 

こうして自らの潜在意識を直に感じ取ることが、瞑想の目的とも言えます。

 

顕在意識と潜在意識

私たち人間というのは、顕在意識と潜在意識という2つの意識を使って思考し、行動しています。

 

顕在意識は、自らが認識して思っていること。

 

潜在意識はその逆で、無意識下で感じていることです。

 

簡単に言うと、頭で考えていることが顕在意識。

 

心で感じていることが潜在意識です。

 

顕在意識はある程度自分でコントロールできる意識ですが、実は顕在意識は脳の1割にも満たない割合でしか働いていません。

 

一方の潜在意識は9割以上。

 

人間は自分で考えている事よりも、無意識の思考の方が行動に大きな影響を与えてます。

 

つまり、無意識を変えていかない限り、同じことを何度も繰り返していることになるのです。

 

ここに気づくことで、あなたの人生をも左右することになります。

 

cat

 

思考は現実化します。

 

言動は行動に現れ、それはいずれ習慣となり、さらに性格になります。

 

そして最終的には、運命になります。

 

これは、偉人であるマザー・テレサが唱えた名言によるものです。

 

継続して瞑想を続ける事によ、私達の潜在意識に語りかけ、固定化してしまった概念を取り外すことだって可能なのです。

 

まとめ

瞑想とは、目に見えない世界を感じる方法のひとつでもあります。

 

この感覚というのはとても不思議なものです。

 

最初は怖いかもしれませんが、瞑想は自分自身と向き合い、負の感情を取り除くこ最良の方法です。

 

是非、生活の中で取り入れてみることをおすすめします。

 

決して難しいことではありませんので、気軽な気持ちで実行してみてください。