これを読んでいる方は結婚式に参列予定の30代男性ご本人でしょうか?

 

それとも、自分の彼氏や旦那様をおしゃれにコーディネートしたいという女性の方でしょうか?

 

女性と違って着るものがほぼ決まっていて、おしゃれにするならちょっとしたワンポイントが重要となってくるのが男性の服装ですよね。

 

30代の男性といえばもう社会的にも立派な大人。

 

ある程度の地位もあるはずなので、出来れば自然でわざとらしさの無い大人のおしゃれをしたいものです。

 

そこで、結婚式に参列した際に、素敵なスーツの着こなしだと思われるためのワンポイントアドバイスをしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ベースは黒のスーツ

どんなにおしゃれをしても土台がしっかりしていないと意味がありません。

 

なので初めに男性の結婚式に参列するための服装の基本を振り返ってみたいと思います。

 

男性はそのようなシチュエーションで略礼服(準礼装とも言う)を着用するのが良いとされていて、それは燕尾服、モーニングコート、タキシード、ブラックスーツを含んでいます。

 

ただ、ブラックスーツはいいけど、初めの3つはちょっと敷居が高いと30代男性は考えると思うので、今回はブラックスーツあたりでおしゃれについて考えてみます。

 

ちなみにブラックスーツって、普通のスーツと何が異なるのだろうと感じますよね?

 

現在は確かに普通の黒スーツも含めてフォーマルと呼んでいるようなので、呼称だけではとても区別をつけ難いです。

 

でも、しっかり区別がされていて、それは見た目に表れています。

 

それは黒という色の深さ。

 

まあ、基本的にはハッキリとした黒の色のスーツを着用するのが基本ですね。

 

どうしたらおしゃれに見える?

結婚式では新郎新婦が主役なのであまり目立ちすぎないようにとは言われますが、30代の男性ともなればそれなりのまとめ方をして周りの人に印象を残せるようにしたいですよね?

 

そこで、スーツにどんな変化を加えると、印象が変わり、見た目が一段上がるのか知っておきましょう!

 

男性がそれなりの服装をしていると目につくものと言えばスーツの次にネクタイです。

 

正式なお祝いの場。

 

そんな時のネクタイと言えば「白」というのが慣例です。

 

しかし最近では「シルバーグレー」等の色で、そこに目立ちすぎなくらいの柄が入っているネクタイを着用している人が多いです。

 

これだと、基本的なポイントを押さえているので、幅広い年齢層の人に好印象を与えることができます。

 

またネクタイの結び方にも注目して、プレーンノットと言う一番スタンダード結び方から、結び目の下にディンプルというくぼみをつけるやり方をすると華やかさが増します。

 

ポケットチーフでおしゃれに

「スリーピークス」お山が3つで何となくぱっと来る方も多いと思いますが、ポケットチーフのことですね!

 

これもネクタイと同様「白」着用が慣例ですが、ネクタイの色と同じで「グレー」でも許容範囲内です。

 

suit-869380_640

 

多少の光沢があってもいいので、ネクタイとお揃いの色でまとめておしゃれ度を上げましょう。

 

そしてポケットチーフの折り方ですが、これもちょっとしたマナーを心がけておくとその場にあった着用の仕方が出来ます。

 

とてもおしゃれに見える「スリーピークス」というのは実は主賓、上位席に着くような人たちがする挿し方。

 

友人のレベルであれば「TVホールド」、「トライアングラー」くらいに留めておくのが周りに馴染みます。

 

以上が30代男性の結婚式での服装についてのまとめです。

 

やはり年齢から考えるとしっかりマナーに則った上でのおしゃれが大切で、それが一番の大人の男性の魅せ方ですね。

 

関連記事⇒友人の結婚式に紺色のストライプスーツはNG?男女別の着こなしマナー!!