お友達の結婚式の招待状が届きました。

 

周りも気心の知れた友人たち、今から楽しみでその日が待ちきれないですよね。

 

そんな日だからこそ、服装のマナーをしっかり守って、旧知の友人たちと最高のおしゃれをしてお祝いに臨みたいと思いますよね。

 

今日の記事では安心して過ごせるための服装ルールの1つについてお話ししていきたいと思うのですが、男女それぞれその着こなしはどこまでが許容範囲か知っていますか?

 

出来れば手持ちのもので組み合わせて、おしゃれをして出かけたいと思うかもしれないけれど、モノによってはNGもあるので、そんな繊細な部分もカバーしていけるようにお話ししていきたいと思います。

 

本日の1つのキーワードに「ストライプ」!も入れておくので、ちょっと気にしてみて下さいね!

 

それでは男女別に結婚式お呼ばれファッションのマナーについてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

紺色のストライプスーツはあり?

男性の基本ファッションと言えば、色味に深さのある「ダークスーツ」で、これが友人というラインの中では一番適度にフォーマルなスタイルになると思います。

 

フォーマルタイプと言えば他に燕尾服などもありますが、それは主賓の方などもっと格上の方々が着用するものと言えるので、そこに抑えておくのが良いでしょう。

 

ちなみにスーツの色についてですが、最近の若者には「濃紺」「チャコールグレー」が人気ですが、昼間のセレモニーであればOKです。

 

groom

 

ただしその日の雰囲気によって基本フォーマルを選ぶべき日もあるので、そこに配慮してみて下さい。

 

ちなみに、鮮明な「ストライプ」「チェック」柄のスーツはNGなので着用を避けて下さい。

 

では、他にどんなおしゃれが出来るのか見ていきたいと思いますが、小物使いマスターになれたらいいですね!

 

例えばですが一番目につきやすい白ネクタイ、白ポケットチーフをシルバーグレーに変えてみるなど出来ますね。

 

他にもその度合いには配慮しなければいけませんが、シャツをスーツではNG柄だった「ストライプ」を、色味に「パステル」を取り入れてみるのもいいですね。

 

また華美になり過ぎない程度にネクタイピン、カフスボタンも着けると適度にエレガントさも上がりますね。

 

以上男性の呼ばれファッションについてまとめてみましたが参考になるでしょうか。では、次の女性側のファッションについて見ていきましょう。

 

関連記事⇒30代男性の結婚式での服装!!スーツならネクタイやチーフが重要!!

 

女性のNGファッション

女性の場合フォーマルな場に限らずファッションの幅が広いので、お呼ばれファッションのマナーには特に気をつけたいものです。

 

女性の基本お呼ばれファッションと言えばドレス、ワンピース、スーツが主流なのですが、どれもルールの範囲内でまとめて欲しいと思います。

 

では避けておきたいNGルールについてまずはまとめておきたいと思います。

 

色味には気をつけよう

花嫁のイメージの「白」、もしくは「オフホワイト」は着用しないようにしましょう。

 

薄めのピンク、ベージュも写真だと何方かと言うと白っぽい印象になってしまうので、それも避けた方が良いですね。

 

露出度の高くない服装に

スカート丈が短すぎる、胸元がかなり開いている、肩が出ているなど露出が高い服装よりも、もう少し控えめで、エレガントな服装が良いですね。

 

殺生をイメージするようなアイテムはNG

例えば毛皮、革製品などの殺生をイメージするようなアイテムの着用は避けましょう。

 

意外とファーを使ったドレス、革の入ったバッグなどもあるので、ちょっと気をつけてみましょう。

 

まとめ

以上のような点に気をつけてアレンジをしたいのですが、その状況によっても許容範囲にも幅が出てきます。

 

例えばセレモニーの時間帯別による服装について見てみましょう。昼であればNGな光沢感のある、胸や背が開いたロング丈ドレスの着用ですが、夜であればそれがフォーマルになります。

 

また花嫁のイメージ「白」を避けるばかりに「黒」を着用して暗いイメージになってしまうのも気をつけたいところです。

 

あくまでもお祝いの席なので色使い、小物使い(コサージュなど)で華やかさで、その場を飾りましょう!

 

関連記事⇒会社の上司や部下・友人などの結婚式のご祝儀相場はいくら?