夏がやってくると海や山に出かけることが多くなってきます。

 

その中でも川遊びは子供連れでも気軽に楽しめる遊びとして大人気。

 

私の家の近くでも河原や無料キャンプ場で川遊びをしている子供達をよく見かけます。

 

スポンサードリンク

ただ、子供連れで川遊びに行く際は持っていく物の準備をしっかりしておかないと、後々大変なことになってしまいます。

 

  1. 何かがなくて子供がぐずる。
  2. それを見て親がイライラする。
  3. 怒る⇒子供が泣く。
  4. 川遊びを楽しめないまま帰る。

 

といった流れにならないように、しっかりと持ていくもや服装をチェックしておいて下さいね。

 

必ず必要な物

自然の川の中には様々な物が有ります。

 

なので、空き缶、瓶、ガラス、釣り針などで子供が怪我をする可能性もあります。

 

というか、子供は基本的に怪我をするものです(笑)。

 

又、普段見慣れない虫や特に、蜂・ブヨ・蚊など生息しており、時にはアレルギー反応によって、生命に関わる事にもなり兼ねない事も有ります。

 

なので、こういった怪我をしたときなどの応急処置用品は必ず持って行くようにしましょう。

 

  • 絆創膏
  • 切り傷などの軟膏クリーム
  • 消毒液
  • 虫よけスプレー
  • 汗ふきシート
  • 冷却シート
  • 紫外線を防ぐクリーム
  • 母子手帳と保険証

 

そして、濡れたものを入れる大きめのビニール袋、ウエットテッシュも必須です。

 

コンビニがない山奥の川に行く場合はペットボトルに入れた飲み水かスポーツドリンクを持っていく事も忘れずに。

 

その他には

 

  • バスタオル(少し多めに)
  • 着替え一式
  • 防水の貴重品入れ
  • 防水スマホケース

 

 

も用意しておくようにしましょう。

 

服装

まず、子供の靴に関しては必ずかかとの有る靴を用意しましょう。

 

ウォーターシューズが最適ですが、最低でもクロックスのようなかかとで固定できるものでないと、川の中でサンダルが脱げて転んでしまったり、脱げたサンダルが流されてしまうという事もあります。

 

いわゆるビーチサンダルのようなものは、あまりおすすめできないので、ちょっと値は張っても子供にはウォータシューズを用意してあげましょう。

 

服装は子供には水着を着せて、その上に短パンとTシャツといった、なるべくラフな格好がベストです。

 

川から上がったら必ず体が冷えるので、念のため長袖と長ズボンのジャージのようなものがあるといいかもしれません。

 

パパやママの格好は水着(又は短パン)に長袖のシャツ(ロンT)などをきることおすすめします。

 

子供と一緒に川に入れば下半身は水に浸かっていますが、上半身が半袖だとアブなどの虫に刺される可能性が非常に高くなるので、個人的に長袖は必須です。

 

光を吸収してしまう黒い服、黒い帽子は避けて、明るい色の服や帽子を身につけるようにしましょう。

 

まあ、真夏に川遊びをする際に真っ黒のコーディネートをする人は少ないと思いますが・・・。

 

あと、デニムやダブダブな洋服は水を含むと非常に重くなるので、できるだけ避けるようにしましょう。

 

小さい子供にはライフジャケットがあれば安心ですね。

 

もちろん、大人も何かのアクシデントで衣服が濡れてしまうということが考えられるので、着替えは必須ですよ。

 

こんなにいるかしら?

 

と思うかもしれませんが、準備を万端にしておくことで安心して川遊びを楽しむことができて、アクシデントなどにも充分対応できるので、子供連れの場合は念入りに準備をしておきましょう。