キャンプは、一通り道具を揃えてしまえばお金のかからない最高の趣味!

家族旅行でホテルに泊まるのも良いけど、みんなで協力し合いながら料理をして食べるご飯は格別だし、満天の星を見てテントで寝るワクワク感は何事にもかえがたいものですよね。

 

ただ、最近は炊事場でお湯が出たり、電源があるなどの1張り5000円を超えるような高規格なキャンプ場も人気があります。

自宅さながらの快適さが売りなんですね。

 

個人的には施設利用料はできるだけ安く抑えて、お肉などの食材費に回したいので、区切りのしっかりした高規格のキャンプ場よりは、ちょっとくらい不便でもゆるいフリーサイトのキャンプ場が好きです(トイレが怖かったり汚いのはイヤですが!)。

 

という訳で、今回は私が今まで行った中で、無料もしくは格安で快適に過ごせるおすすめの穴場キャンプ場を紹介します。

 

スポンサードリンク

聖湖キャンプ場

 

聖湖キャンプ場は区間が区切られていない芝生のフリーサイト。

予約不要で利用できます。

 

(原則)車を芝生に乗り入れてはいけませんが、比較的隣接して止められるのでとっても便利。

なんといってもタダなのがうれしいですね(トイレも綺麗)。

 

無料の穴場スポットとして知名度が上がってきたので、最近は時期によってはやや込み合っている印象です。

利用の際の注意点としては、広島屈指の豪雪地帯なのでかなり冷えること。

GW前に問い合わせたところ、まだ水道が凍ってると言われたこともありました(笑)。

 

4月下旬~11月20日が利用できる期間となっていますが、変更される場合があるので、詳しくは問合せてみてくださいね。

 

「聖湖」という名前から湖のすぐ真横でキャンプができそうなイメージもありますが、キャンプ場は湖には面してはいないので、椅子を持って3分くらい歩く必要があります。

 

釣りを楽しんでる人もいる多く、近くにはデートにもぴったりな「正直村」という景色の良いカフェもありますよ。

 

聖湖キャンプ場
広島県山県郡北広島町東八幡原 問い合わせ先:0826-35-0111

 

キャンプ&コテージ梶ヶ浜

呉の白浜が美しい海水浴場に隣接したキャンプ場。

6月中旬〜8月末までの海水浴シーズンは有料(1泊1500円)ですが、それ以外の期間は実質タダ。

水場もトイレもちゃんとしている中、無料で泊まることができます。予約も不要です。

 

すぐそばにコテージもあるので、「アウトドアっぽいことしたいけどテントはヤダー。」というグループと、テント張りたい~テントに寝たい~!というグループのコラボレーションキャンプも実現可能です。

近くで釣りもできるようなので、釣り好きさんには特にオススメ(何が釣れるのかはよく分からん・・・)。

 

季節によっては海風が強烈なことも多いので、しっかりペグを打ちましょう!

海水浴シーズン以外は空いているので、海の音を聞きながらまったり過ごすには最高の穴場キャンプ場です。

 

キャンプ&コテージ梶ヶ浜

 

羽高湖森林公園キャンプ場

羽高湖森林公園キャンプ場は無料ではないのですが、1泊1張540円という格安な料金で利用可能。

標高500m、周囲1.3kmの羽高湖を中心に、緑豊かな大自然の中にあるキャンプ場です(一応、予約したほうが良さそう)。

 

 

こじんまりとしていて、あまり知名度もないので…ハッキリ言って穴場です。

ここだけは混み合ったら嫌なので本当は教えたくないありません(でも、書いちゃいました・・・)!

 

何よりも心をつかまれるのは、湖周辺を泳いで動き回るアヒルたち。

餌を求め、ガーガー騒ぎながら管理人さんのもとに駆け寄る姿はとっても癒されます。

 

 

湖とアヒルを眺めながら飲むビールは最高。のんびりした気分を味わいたい人にオススメです。

近くにテニスコートなどもあるのでアクティブにも活動できますね。

 

羽高湖森林公園キャンプ場
広島県府中市諸毛町二反田3000番地 問い合わせ先:0847-49-0339

 

姫鶴平キャンプ場

ちょっと広島からは遠いけど、素晴らしく雄大な景色で印象に残っているのが四国カルストにある「姫鶴平」です。

 

 

標高1300mの高原で、愛媛と高知の県境。

無料ではないですが、200円でキャンプ場を利用でき、コテージもあります。

 

キャンプ場はとても広いので混み合うということはなく、広々としていてるのでプライベート感も満載です。

炊事場やトイレがある場所までちょっと歩きますが、そんなことなどどうでもいい程の景色の良さ。

 

大パノラマなのでお天気に恵まれたらもう言うことないです。

 

ただ、5月に行ったのですが風が強くて寒いかった…。

自然の厳しさをヒシヒシと感じることになるので、真夏以外は風よけのスクリーンタープ、室内を暖めるストーブ類、冬用の寝袋は必須です。

利用期間は、4月~11月です。冬は無理…。

 

広島からだと遠いので気軽に行ける場所ではないですが、絶対にまた行きたいキャンプ場です!

 

無料のキャンプ場は予約がいらないのは嬉しいけど、場所取りは早い者勝ち。早起きを頑張りましょう!

意外と穴場も多く、ゆったり広々としたフリーサイトが多いのでのんびりすごしたい方にオススメです!

 

姫鶴平キャンプ場
HP→http://www.yanadani-skk.jp/hotel_camp.html

 

関連記事→価私が買ってよかったと思うスノーピークのおすすめのアイテムBEST5!