猫が気持ちよさそうにお風呂につかっている動画などありますよね。

人間は毎日シャワーを浴びたりお風呂に浸かったりしますが、猫にもお風呂は必要なんでしょうか?

 

水は嫌がるけど、たまには綺麗にしてあげた方が良いのかと悩んじゃいますよね?

そこで今回は、猫にお風呂は必要なのかということを解説していきます。

スポンサードリンク

お風呂の必要性について

まず、結論から言います。

 

猫にお風呂は必要ありません!!

 

猫はお風呂に入らなくても自分で体を綺麗にするので、不潔にはなりません。

必要なければ一生お風呂に入らなくても良く、健康であれば野良猫でさえも臭くないそうです。

 

個体差がありますが、基本的に猫は水をかけられるのが大嫌い。

シャワーやお風呂やシャンプーは、猫のストレスとなってしまうので極力避けた方が良いと言えるでしょう。

 

お風呂に入らなくても臭わないなんて、犬しか飼ったことしかない方には信じ難いと思います。

実は私もそうだったのですが、犬は定期的にシャンプーをしないと結構臭いますからね・・。

 

ただ、猫にはお風呂に入らなくても臭わない理由がきちんとあります。

これは猫の修正によるものなので、次の項で詳しくみていきましょう。

 

なぜ、猫は臭くならないのか?

何度も言いますが、猫は臭くありません。

ほのかに良い匂いさえします。

 

もし、猫が臭いと言うイメージがある人がいるとすれば、ウンチやおしっこが強烈な匂いだからかもしれません。

 

猫自身は、驚くほど綺麗で無臭。

では、どうしてそんなに清潔さを保てるのでしょうか。

 

汗をかかないから

正確に言うと、肉球だけは汗をかくのですが、その他の体の部分は汗をかかないのです。

夏は暑苦しいくらいのモフモフの毛皮をまとったペルシャ猫も汗をかかないなんて…びっくりですよね。

 

体臭を消すから

これは猫が狩猟動物であるからです。

そーっと獲物に近づいても、体臭があれば気づかれてしまいます。

 

そこで、自分の匂いを消すためにしっかりとグルーミングをする。

これは狩猟動物ならではの生きるための習性ですね。

 

日向ぼっこで殺菌するから

猫って昼間はやたらと陽の当たる場所にいますよね。

それにはちゃんと意味があり、太陽の光で殺菌して体を清潔に保っているのです。

 

 

臭ったり清潔感が気になる時はどうするべきか

お風呂に入れない方が良いとはいえ、汚れなどが気になる時はありますよね。

そんな時はどうしたら良いのでしょう。

 

フケが気になる場合

細かいフケであれば病気ではありません。毛づくろいが雑なだけです。

そんな猫ちゃんは、ブラッシングをして、濡れタオルで拭いてあげましょう。

 

シャンプーをすると逆に皮膚の油分がなくなって、さらにフケが多くなってしまいます。

 

高齢でグルーミングをすることができなくなった場合

これも濡れタオルで拭いてあげたりブラッシングをすることで綺麗にしてあげましょう。

 

ウンチでお尻が汚れている場合

濡れタオルどころでは綺麗にならない時は、汚れた部分だけシャワーのお湯で流してあげます。

シャンプーは匂いが強いので猫のためにはならないので、できればお湯だけで。

 

何度も汚すようであれば、お尻の毛をカットすると良いでしょう。

 

ノミがいた場合

専用の薬で駆除するのがベストです。シャンプーくらいじゃ根本的な解決にはなりません。

 

すめしすめし

1、2歳の頃、何度もシャンプーしたよね。辛かった。

ぽんずぽんず

ごめん、こんなにも必要ないって知らなかったの。汚れたお尻を洗うついでに…と思って。

すめしすめし

乾かすのにも時間かかるから、ずっとビチョビチョのままで風邪ひくかと思った。

ぽんずぽんず

だからごめんってば〜〜。もうしないから!お尻も汚さないでね…

もし、猫が臭うような時は、正常なグルーミングができていないと言う不調のサイン。

まずは病院で相談してみてください。口の病気や胃腸の炎症なども考えられます。

 

また、まれなケースですが深刻な皮膚疾患の場合や、何らかの理由で油まみれになってしまった時は、病院で入浴をしてもらった方が良いです。

 

まとめ

以上でまとめたように、わたしたち飼い主がお風呂に入れてシャンプーすべき状況はほとんどありません。

シャンプーをしていた方が綺麗なような気がするのは、人間の都合です。

 

本来、猫は水を嫌う動物です。むやみにお風呂に入れてシャンプーをしてストレスを与えるのはやめましょう。