株式会社レティシアンはペットフードの輸入販売を行っている会社。

『シンプリー』や『ジャガー』といった高級キャットフードだけでなく、『カナガン』や『ネルソンズ』などのドッグフードの輸入販売をしてます。

 

また、輸入販売だけではなく、自社で開発した『モグニャンキャットフード』や『モグワンドッグフード』も販売しています。

 

でも、こういったペットフードは実店舗では販売しておらず、ネットからじゃないと購入できないので、

 

「レティシアンってどんな会社なんだろう?」

「怪しい会社じゃないのかな?悪い評判とかはないかな?」

 

っていう不安がありますよね?

 

正直、私も「レティシアンって怪しい会社じゃないの?」と思っていた1人でした。

ただ、直接レティシアンの社員さんと話しをする機会があったのですが、その時に「レティシアンって、本当にペットフードのことを一生懸命に考えている会社なんだな~。」と考えを一変させられました。

 

レティシアンの社員さんは、おそらくあなたが思っている以上に猫や犬のことを考えてモグニャンモグワンを企画しています。

 

では、レティシアンって実際はどんな会社なのか?

今回はレティシアンの社員さんに会ってきた時の様子をご紹介します。

 

株式会社レティシアンってどんな会社?

株式会社レティシアンは東京都中央区に本社がある会社。

イギリスのペットフードの輸入販売や自社で開発しているモグニャンやモグワンの販売を行っています。

 

引用:株式会社レティシアン

 

比較的新しい会社なのかと思いきや、代表の四方祥樹(しかた よしき)さんは、他にもフランスの熟成チーズや希少ワインの輸入販売といった事業も展開しているようです。

 

レティシアンの社員さんに会ってきた

今回、レティシアンの社員さんとお会いしたのは、色々な企業が自社商品をPRするイベント。

 

最初は

 

「レティシアンってどんな会社なんだろう・・・。」

「営業感バリバリの怪しい社員さんだったらどうしよう・・・。」

 

という不安もあったのですが、実際にお会いしてみると、動物好きでとても気さくな方ばかり。

そして、社員のほとんどが動物を飼っているということもあり、とても楽しくお話をすることができました。

 

綺麗(もしくはかわいい)女性ばかりで、スタッフ同士の話を聞いていても「社内の雰囲気がいいんだろうな~」というのが良く分かります。

 

 

今回、私が知りたかったのは、「モグニャンって本当に猫の健康を考えて作られたキャットフードなの?」ということ。

モグニャンが作られるようになった経緯や製造秘話にも興味があったので聞いてみました。

 

会社のことやモグニャンについて聞いてみた

ぽんずぽんず

すいません。あの~わたし猫を飼ってまして、モグニャンのことについて色々とお伺いしたいんですけど・・。

下荒さん下荒さん

どうぞどうぞ。何でも聞いて下さい。

ぽんずぽんず

ありがとうございます。

レティシアンさんってカナガンやシンプリーなど、色々なフードを販売されているようなんですけど、そういったフードとモグニャンは何が違うんですか?

下荒さん下荒さん

弊社は元々、カナガンやシンプリーなど、イギリスで人気の高級キャットフードを輸入して販売していました。

ただ、原材料となるチキンやサーモンにアレルギーを持っている猫ちゃんもいます。

うちの社員が飼っている猫もアレルギーを持っていたので、そういったアレルギーを持っている猫でも食べれるようにと自社で開発したのがモグニャンです。

ぽんずぽんず

なるほど、モグニャンはアレルギーを持っている猫でも食べれるようにように開発されたという経緯があるんですね。

下荒さん下荒さん

そうですね。

そのため白身魚をメインにして、アレルギーの原因になる穀物を使わずに作っています。

ぽんずぽんず

猫は本来穀物を食べないから消化するのに時間がかかって、それが負担になってアレルギーになる子もいますもんね。

モグニャンが実際に猫を飼っている社員さんの声から生まれたキャットフードだと聞くと、猫のことを思って作られたフードだということが良く分かります。

 

モグニャンに切替える時の注意点も教えてもらった

ぽんずぽんず

では、キャットフードをモグニャンに切替える時の注意点って何かありますか?

下荒さん下荒さん

エサを切替える時は、現在与えているキャットフードに少しずつモグニャンを混ぜていき、徐々に移行していくようにして下さい。

急にエサを切替えると、猫ちゃんの負担になって下痢をしたりすることがあります。

ぽんずぽんず

なるほど、エサに慣れさせるためだけじゃなくて、負担を減らすという意味でも徐々に移行していくことが大切なんですね。

あと、モグニャンを購入する時に心配なのが「ちゃんと食べてくれるかな?」ということだと思うのですが、万が一、食べてくれなかった時の対処法はありますか?

下荒さん下荒さん

万が一、モグニャンを食べてくれない時は、鳥のささみの茹で汁をモグニャンにかけてみてください。

そうすると香りがたつので猫ちゃんが興味を持ってくれるようになります。

ぽんずぽんず

そんな裏技があるんですね。

下荒さん下荒さん

その際に注意していただきたいのは、煮汁は冷ましてからかけること。

あまり温度が高すぎると栄養素が壊れてしまうので、人肌くらいに冷ましてからモグニャンにかけてあげてください。

ぽんずぽんず

うちは何の問題もなくモグニャンを食べてくれたんですけど、購入する前はちゃんと食べてくれるかどうかが本当に不安でした。

今、同じような不安を持っている人も、この方法を知っていれば心強いですね。

 

レティシアンの人気の理由

今回、社員の方とお話する中で私がレティシアンに好感を抱いた理由が4つありました。

 

それは、

 

  • モグニャンが合わなければいつでも解約できること
  • 解約は会員ページから簡単にできること
  • 強引に引き止められたり営業されたりしないこと
  • 悩み事があれば直接電話で相談できること

 

という4点。

 

昔は定期コースで申込む場合は、最低でも3回は利用しなければいけなかったそうですが、今では発送準備前までならいつでも解約できるようになっています。

さらに、解約も会員ページから簡単にできるので、強引に引き止められたりすることもありません。

 

上手く切り替えができない時に、相談に乗ってもらえる窓口があるのも親切だと思いました。

 

引用:モグニャン公式ページ

 

こういったことは、商品に自信がないとできないことですからね。

そして何より、「猫ちゃんに合わないものを無理にすすめたりはしませんよ。」とおっしゃっていたのが印象的でした。

 

まとめ

レティシアンは、「本当に動物の好きな人が集まっている会社」というのが私の率直な感想。

最初は怪しい会社じゃないかと疑っていたのですが、実際に社員さんとお話してみて、そんな思いは吹き飛んでしまいました。

 

特に、モグニャンは動物好きな社員さんが自分の飼っている猫のことを思って作ったフードだということが分かったので、私も安心して飼い猫に与えられます。

 

もちろん猫は好き嫌いが激しく、同じエサでも合う猫と合わない猫がいるので、一概にすべての猫にモグニャンが良いとは言いません。

でも、レティシアンのフード開発に取り組む情熱を知ってしまった私としては、一度でいいのでモグニャンを試してみてほしいと思います。

 

今回話した限り、モグニャンは本当に猫のことを思って作られたフードだということが分かりました。