モグニャンって本当に安全性の高いキャットフードなんだろうか・・・?

高級フードだから大丈夫だと思うけど、まさか危険な材料は使われてないよね・・・?

 

私はグレインフリー(穀物不使用)で人間が食べれる品質の材料を使っているということでモグニャンに興味を持ったのですが、ネットで調べていると、良い評判も悪い評判もあって本当のところが分かりませんでした・・・。

正直、ネット上の口コミや評価って、どういう状況の人が書いているか分からないのであてにならないことが多いですよね?

 

そこで今回は、私がモグニャンについて調べたことと、実際に飼い猫に与えてみた感想を詳しく紹介してみたいと思います。

なるべく具体的に解説していきたいと思うので、モグニャンの購入を悩んでいるのであれば参考にしてみて下さい。

 

※現在、数量限定でモグニャンの100円モニターが募集されているので、お試しで頼んでみたいという場合はこの100円モニターがおすすめです。

 

モグニャンの100円モニター募集はこちら

 

キャットフード選びの基準

キャットフードに関して色々調べると、今まで知らなかったことがたくさんありました。

 

  • 猫にとってもっとも重要な成分はタンパク質
  • 日本のペットフードの基準はレベルが低いこと
  • 欧米、特にイギリスの基準がトップレベルであること
  • 「穀物不使用=グレインフリー」のフードが人気

 

恥ずかしながら、キャットフードの原材料や重要な成分がタンパク質であることなんて考えたことがなかった私。

グレインフリーっていう言葉も今回はじめて知りました・・・。

 

中でも納得したのが、猫は肉食動物なのでお肉や魚などの「タンパク質」が必須ということ。

逆に、よく市販のエサに入っている「穀物」は猫の体には必要ないし消化に悪いということでした。

 

さらに、日本のペットフードは欧米などと比べると、まだまだ基準が低いというのも衝撃的でした。

「国産安全神話」はもしかするとペットフードには当てはまらないかもしれませんね。

 

そんな中で私が気になったのがモグニャンというキャットフード。

2016年に発売されたばかりにも関わらずとても評判が良く、「高タンパク質」「グレインフリー」というポイントをおさえたイギリス産ということで、私が調べた良いキャットフードの条件をすべて満たしていました。

 

ということで、新しいキャットフードの候補としてモグニャンにロックオン。

危険な成分は入ってないか、安全性などを徹底的に調べてみました。

 

モグニャンの安全性について

原材料

モグニャンはヒューマングレードと呼ばれ、人間が食べてもOKな材料が使用されています。

この時点で原材料の安全性は問題ありません。

 

主原料は63%を占める白身魚。

この割合がプレミアムフードと呼ばれる由縁で、原材料の1番最初に「穀物」などと表記されている安いキャットフードとは違います。

 

モグニャンの主原料:原材料は使用されている量が多い順に記載されます。

 

その他の材料は

 

  • サツマイモ
  • サーモンオイル
  • ひよこ豆
  • レンズ豆
  • ヒマワリオイル
  • フィッシュスープ
  • ミネラル
  • ビタミン
  • ビール酵母
  • オリーブオイル
  • アマニ
  • アルファルファ
  • バナナ
  • リンゴ
  • クランベリー
  • カボチャ
  • ダンデライオン

 

といった感じです。

 

半分以上が白身魚なので、他の材料は腸の調子を整えたり栄養を補うために組み合わせられている感じです。

ペット先進国で衛生基準の厳しいイギリスの工場で作られたものを直輸入しているので、やっぱり安心感が違います。

 

安いキャットフードになると、腐っていたり、病気で死んだ動物の肉や食べるべきではない部位が粉砕されて混ぜてあったり、想像するのもおぞましい材料が使われていることもあるそうです。

 

そんなキャットフードをすめしが食べていたかもしれないと思うと・・・。

ううぅ。考えたくもない…。

 

添加物

そして、安いエサとプレミアムフードの違の大きな違いは「添加物」。

猫の食い付きをよくするために香料を使ったり、防腐剤を使っているキャットフードはたくさんあります。

 

もちろん、モグニャンは人工添加物は使っていません。

その代わり、開封後の賞味期限が短いというデメリットがありますが、逆に言えば、これは新鮮な材料を使っていて、防腐剤などの添加物を使っていないという証拠。

 

人間の食べ物でも同じで、市販のお菓子は数ヶ月しても腐らないものもありますが、町のケーキ屋さんで買った手作りお菓子は、そんなに日持ちがするものではありません。

防腐剤ってそれだけものを腐らせない効果があるので、できれば人間にも猫の体にも取り入れたくはないですよね。

 

モグニャンの悪評について

いろいろなサイトを調べて、私は結構気に入ったモグニャンですが、ネット上にはもちろんマイナスの意見もありました。

ただ、マイナス様子の強い口コミや評判は、飼い主側の努力で解決できることが多かったので、私はあまり気になりませんでした。

 

モグギャンを食べない

モグニャンは「食いつきが良い」と謳われていますが、中には食べてくれない猫もいるようです。

ただ、これは個体差があるので当たり前の話。

 

猫は細かい変化にも敏感な動物なので、どんなに素材がいいキャットフードだと言っても気に入らないことはあるでしょう。

ただこれは、モグニャンに限らずキャットフードを切替える時にはよく言われる話。

 

前のエサを混ぜながら少しずつ変えていったり、トッピングをするなど工夫してあげることで改善します。

というよりも、従来のキャットフードから徐々に移行してあげることは基本なので、このやり方をすれば「食べない」ということはないような気がします。

 

パッケージが1種しかない

モグニャンは1.5kgのパッケージのみ。

多頭飼い用に大容量(で少しお得に)にして欲しい、などの要望の声もあるようです。

 

まあ、これはサービス的な問題なので何とも言えませんが、「1.5kgなんてすぐになくなってしまうじゃないか~」という場合は、定期コースでまとめ買いすれば問題はありません。

定期コースだと最大20%もお得になり、玄関まで配送してくれるので私としてはいいことづくめです。

 

ウンチが臭くなる

「モグニャンを食べたらウンチが臭くなった」という評判な口コミも目にしたのですが、正直私は「ウンチが臭いのってそんなに悪いこと」って思いました。

タンパク質の多い食事をしたらウンチが臭くなるのは当然のこと。

また、変な消臭成分などが入っていない証拠です。

 

実際にモグニャンをあげてみて、うちも「ウンチがいつもより臭うな」と思ったことはありました。

ただ、ウンチが臭いっていうのは人間の都合で猫には関係ないこと。

 

これもモグニャンが高タンパク質であることの証拠なので、私的にはOKです。

 

モグニャンキャットフード

 

モグニャンを実際に食べさせてみた結果

モグニャンに危険な材料が使われていないか?

安全性は大丈夫か?

 

この2点を調べてみて私的に問題はなかったので、早速、モグニャンを試してみました。

結果を先にお伝えすると、モグニャンの食いつきは上々。

 

 

喉をゴロゴロ鳴らしながら一生懸命モグニャンを食べているすめしをみて、私まで幸せな気分になりました。

飼い主として出来る限りのことをしてあげているという満足感も感じます。

 

猫は嗅覚が発達しているので、最初に封を切った時点でこんな感じ(笑)。

 

 

気に入ってくれたようでで一安心です。

モグニャンの評判に「好みの激しい猫も喜んで食べてくれた」という口コミがあったのですが、ウチのすめしの反応をみるとその通りだと思いました。

 

関連記事→モグニャンの食いつきってどう?ペルシャ猫(シニア)に与えたリアルな口コミ!

 

そして、もう1つの評判通り確かにウンチも臭くなりました。

ただ、これはタンパク質を多く含んでるためなので想定の範囲内。

 

逆に、「本当に白身魚をたくさん使っているんだろうなぁ」と好印象でした。

うんちが臭くなったとはいっても猫砂をかけたらすぐに気にならなくなる程度なので問題なしです。

 

モグニャンの公式ページはこちら

 

モグニャンは公式ページからの購入がお得

モグニャンは店頭では販売をしていません。

流通コストを省いて、できるだけ新鮮な状態で飼い主に届けたい!という方針から、購入はネットのみ。

 

配送してもらえるのはとても助かりますよね。

ペットフードって結構重いし、エサを買い忘れてた!ということも回避されます。

 

値段についても、どこがお得に買えるのか最安値を探してみました。

 

公式ページの他はamazonでも買うことができるようですが、結論から言うと、公式ページから買うのが一番お得で効率が良いです。

 

amazonの場合は4,800円(送料無料)ですが、公式ページからだと4,277円(3個以上購入で送料無料)。

 

さらに、公式ページの定期便を利用すれば

 

7000円未満で10%OFF→1個:3,564円(税込3,850円)

7,000円以上で15%OFF→1個:3,366円(税込3,534円)

 

という割引が適用されます。

さらに3個以上買えば送料も無料になるので、かなりお得にモグニャンが購入できます。

 

定期便は会員ページからいつでも休止や再開ができ、配送してもらう個数や期間の設定も可能。

どうせ繰り返し購入するものなので、定期便を上手に使って買いに行く手間と価格を削減するのが賢い方法です。

 

最大で20%の割引が適用されれば1個あたりの値段は3168円(税抜き)。

モグニャンが1ヶ月持つと考えたら1日あたり100円程度のエサ代なので、そこまで負担は大きくありません。

 

定期コースはといっても、電話でも会員ページから解約も簡単にできるので安心です。

 

モグニャンの公式ページはこちら

 

「最初から定期コースを頼むのはちょっと不安・・・」という場合は、100円モニターを試してみるといいと思います。

100円モニターは突然終了する場合があるので、募集していたらラッキーです。

 

モグニャンの100円モニター募集はこちら