猫は避妊手術を受けるとどんな風に性格が変わるのか?

手術が終わってから元気が無いんだけど大丈夫だろうか?

 

避妊手術を受けさせる前には色々な心配がありますよね?

 

初めての発情期を経験する前に避妊手術をすると、猫は大人になりきれずにいつまでも子猫のような気持ちが残ると言われ、発情期を経験した猫も避妊手術をすることで縄張り意識が弱まったり、攻撃性が減ったりします。

 

うちには2匹のメス猫がいるのですが、避妊手術を受けてから性格が変わり、どちらも甘えん坊になりました。

 

猫は死人手術を受けると本当に性格が変わります。

 

今回はうちの猫に起こった避妊術後の性格の変化を解説するので、これから避妊手術を受けさせようかと考えている方は参考にしてみてください。

 

避妊手術後の猫の性格の変化

 

それでは、避妊手術前後でうちの2匹の猫の性格がどう変わったかを紹介ます。

 

1匹目のツンデレ猫の手術前の性格

1匹目は撫でてほしいくせになかなか近寄ってこないツンデレ猫。

おもちゃで誘っても「あたしはそんなのには釣られにゃいわよ」と、ほとんど無視されます。

一言で言うと、プライドの高いクイーンタイプでした。

 

警戒心が強いわりに度胸があり、家に来たばかりの頃は姉猫を背後に隠して私にシャーシャー威嚇していました。

発情期は生後9ヶ月頃に始まり1才1ヶ月頃に避妊手術をしました。

 

手術後

そんなツンデレ猫も手術後に体調が落ち着いてくると、やたらと甘えるようになってきました。

目が合うとその場で床に転がって「撫でて!」とアピール。

 

今となっては、人格(猫格)が変わったんじゃないかと不安になるほどに甘えてきます。

そして、今までは無視していたおもちゃでもよく遊ぶようになりました。

 

2匹目の甘えんぼタイプの猫

もう1匹は膝に乗るのが大好きな甘えんぼ猫です。

 

撫でられるのが大好き。

猫じゃらしも大好き。

 

構ってもらえれば何でも嬉しい幸せな猫で。

怖がりなのにどんくさくて、びっくりして逃げようとしながらも逃げ遅れて、ソファーの下で固まっているような性格でした。

 

発情期は生後8ヶ月頃に始まり、1才3ヶ月頃に避妊手術をしました。

 

手術後

手術後は今まで通りの甘えんぼ猫でしたが、なぜかよくしゃべる(鳴く)ようになりました。

 

「遊んで欲しい。」

「おなかがすいた。」

「トイレに行きたい。」

 

と思ったことがすべて口に出ているようです。

 

特に遊んで欲しいに関しては「ねえ遊んでよ!遊んでったら!どーして遊んでくれないの?!」と、まるで癇癪を起こした3歳児のよう。

自分の言いたいことを「にゃー」でしか表現できないのがもどかしそうです。

 

2匹の共通点は?

避妊手術の後の2匹の性格の変化については共通点があります。

それは、2匹とも行動が子供っぽくなったことです。

 

 

ツンデレ猫は子猫のように顔をすりつけて甘えるようになり、甘えんぼ猫はこれまでになかったわがままを言うようになりました。

発情期を経験していてもこの状況ですから、発情期前に避妊手術をしていたら、いつまでも子猫の心を持ち合わせた猫になっていたと思います。

 

こんな感じで、猫は避妊手術を受けると甘えん坊になったり子供っぽくなったりします(もちろん個体差はあります)。

 

スポンサーリンク

 

手術後は元気がない、食欲がない状態が続く

避妊手術によって猫の性格がどのように変わるかを解説してきましたが、手術後の猫の状態についても触れておきます。

手術後は元気が無くなって食欲も落ちるので、ちょっと心配になると思います。

ただ、これは時間の経過とともに回復していくのであまり心配する必要はありません。

 

避妊手術が終わって無事に帰宅すると、うちの2匹の猫は「安全な場所に隠れる」という共通の行動をとりました。

 

安全な場所というのは2匹それぞれで違ったのですが、片方はキャットタワーのてっぺんに登ろうとしました。

しかし傷が痛むのでタワーを登れず、しかたなくタワーの下についている隠れ家に入りました。

 

もう片方は、いつも寝ている部屋で丸くなりました。

どちらも1時間ほど過ぎると落ち着いてきました。

 

避妊手術は開腹手術ですから、術後数日はあまり派手に動きません。

猫はじっとして体力が回復するのを待っています。

 

 

食欲も多少落ちますが、猫は食べて体を回復させることを知っているので、気持ちが落ち着いてくればたくさん食べてくれます。

抜糸をする頃にはほとんど元気になっているので、過度な心配は必要ありません。

 

避妊手術後、猫はよく食べて体力の回復を待っているので、暑すぎたり寒すぎたりしないように温度管理にだけ注意してあげてください。

 

まとめ

避妊手術をした猫が子猫返りをした経験談をお話しました。

完全に大人になった猫では、ここまでわかりやすい子猫返りはしないようです。

 

それまでに猫が経験してきた生活の積み重ねが、しっかりと身についているのでしょう。

いつまでも甘えてくれる猫もかわいいですし、凜とした大人の猫も素敵ですね。