猫のウンチってどうやって処理すればいいのでしょうか?

ウンチの処理方法は初めて猫を飼った人が意外と戸惑う部分です。

 

自治体によって処理方法は異なりますが、基本的にはトイレに流すか燃えるゴミで処理するかの2通りです。

 

猫のウンチの処理方法

猫のウンチをどのように処理するかは自治体で決められたルールに従う必要があります。

ただ、このルールも一定ではなく、ある地域では燃えるゴミとして捨てることが禁止されているかと思えば、トイレにも流さないようにと言われることがあるようです。

 

簡単に言ってしまうと、猫の糞の処理についてはハッキリと決まってない部分が多いんですね。

 

基本的には自治体のルールに従うことになりますが、最終的には「トイレに流す」か「燃えるゴミとして捨てる」のどちらかなので、今回はそれぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

 

トイレに流す

猫のウンチの処理で一番手っ取り早いのがトイレに流してしまう方法です。

おしっこで固まった猫砂と一緒に全部まとめてトイレに流してしまえば臭いも気になりません。

気づいた時にトイレに流すようにすれば、いつまでも置いておかなくて済むので、最も衛生的な方法と言えます。

 

ただ、猫のウンチは水に溶けにくいのでトイレが詰まってしまう可能性があります。

最悪の場合トイレの修理が必要になることもあるので、トイレに流す場合は一度に大量のウンチを流さないようにして、猫砂もなるべく落とすようにしましょう。

 

トイレを詰まらさないようにするためには

 

  • 一度の大量のウンチを流さない
  • 猫砂はなるべく落としてから流す
  • 時間が経って乾燥したウンチは流さない

 

といったことを心がけるとベストです。

 

猫のウンチが水に溶けにくいとはいっても、そこまで大きなものではないので、少しずつ流せば詰まる心配はありません。

ただ、トイレに流せるタイプの猫砂であっても水を吸ってジェル状に固まってしまうことがあるので、猫砂はできるだけ流さない方がいいと思います。

 

燃えるゴミとして捨てる

自治体のルールで禁止されていなければ、生ゴミなどと一緒に燃えるゴミとして出すことができます。

 

ただ、この場合はトイレを掃除してからゴミの収集日までの間、回収したウンチを取っておかなければなりません。

 

ビニール袋に入れてきっちり口を閉めるなど、臭いへの対策が必須です。

 

ゴミ出しの際も収集所に臭いが漏れないようにしないと、カラスなどに漁られてしまうこともあります。

夏は特に臭いが気になる時期ですし、雑菌も増えやすくなります。

他の人の迷惑にならないようにすることが大切です。

 

燃えるゴミとして捨てる場合は下記の袋がおすすめ。

名前の通り、ウンチの臭いが漏れないので本当に便利です。

 

 

 

 

番外編 庭に埋める

広い庭があって近くに家がないことが前提ですが、庭に埋めて処分することもできます。

野生動物でしたら、ウンチは土の中に隠しておくのが基本。

野良猫も同じようにして自分のウンチを処理しているので、飼い猫でも場所があれば庭に埋めて処理するということも可能です。

 

その場合は他の動物に掘り起こされないように地面は30センチは掘りましょう。

 

一番楽な方法はどれ?

郊外の住宅街で水洗トイレが使えて下水が通っているなら、トイレに流すのが一番楽。

猫のトイレを人のトイレの近くに置いておけば掃除も簡単です。

 

なので、トイレに流せるのであればトイレに流すのが一番簡単で効率的です。

燃えるゴミで捨てる場合の臭いの心配もありませんしね。

 

ただ、トイレの種類によっては詰まってしまう可能性があることも事実。

この辺りは十分注意しながら処理をして下さい。

 

まず、大前提は自治体のルールー通りに処理をすることが大切です。

 

まとめ

猫の糞の処理方法は自治体のルールで決められています。

なので基本的にはそのルールに従った方法で処理するようにしましょう。

 

ただ、トイレに流すようになっている場合でも、猫のウンチは水に溶けにくいので、あまり大量に流してしまうとトイレが詰まってしまう可能性もあります。

そのため、猫砂を落としたり、時間が経過して乾燥したウンチを流さないという工夫が必要になります。