「カナガンとロイヤルカナンってどんな違いがあるの?」

「うちの猫にはどっちが良いのかな?」

 

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

私も色々なフードを比較する中、この2つで悩みました。

 

友達にロイヤルカナンの愛用者が多かったので、「何だかんだ言ってもロイヤルカナンでいいかな~」とも思ったのですが、最終的にたどり着いた結論はカナガンでした。

 

今回はロイヤルカナンよりカナガンの方が理想的なキャットフードだと思った理由をご紹介していくので、キャットフード選びの参考にしてみてください。

 

 

カナガンとロイヤルカナンの違い

まずはカナガンとロイヤルカナンの原材料を詳しく見てみましょう。

カナガンの原材料はこんな感じ。

 

カナガンの原材料
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

骨抜きチキンやさつまいも、クランベリーなど聞き覚えのある材料が使われていて、手作りフードのような印象を受けます。

一方のロイヤルカナン(FHI 室内で生活する成猫用)はこんな感じ。

 

ロイヤルカナンの原材料
肉類(鶏、七面鳥)、米、小麦、とうもろこし、植物性分離タンパク、動物性脂肪、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、植物性繊維、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、大豆油、フラクトオリゴ糖、魚油、サイリウム、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、Cl、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

難しい名前の原材料がチラホラと見えてきましたね。

 

では、これらの原材料を参考に重要なポイントを比較していきましょう。

 

カナガンは消化器の負担を減らすグレインフリー

カナガンとロイヤルカナンの一番大きな違い。

それは「グレインフリー(穀物不使用)」であるかどうかということです。

 

カナガンは穀物を使っていないのでアレルギー持ちの猫ちゃんでも安心です。

 

猫は肉食動物なので、一番必要なのは肉や魚難度の動物性タンパク質。

「穀物」はほとんど不要だと言われています。

 

ロイヤルカナンは第一原料はきちんと肉類を使っていますが、その次に多く使っているのが「米、小麦、トウモロコシ」です。

ではなぜ、猫には必要ないと言われている穀物がキャットフードに使われているのでしょうか?

 

ぽんずぽんず

実はこれ、カサ増しのためなんです。

猫が肉食動物だからといって全ての素材をお肉にするとコストが増大してしまいますよね?

そのため穀物を使って価格とコストを調整している訳です。

すめしすめし

小麦やトウモロコシでお腹いっぱいになるようになってるんだね、、、。

コストを考えると仕方がない部分もありますが、穀物はアレルギーや消化不良の原因になる恐れもあります。

なので、猫の体に不要なのであれば、穀物が入っていないカナガンの方が安心です。

 

うちの猫も小麦やトウモロコシがたくさん入ったエサの時にはよく下痢していました。

今思えば、穀物の多いエサで消化不良を起こしてたのだと思います。

 

カナガンは人間も食べられる品質の食材を使っている

カナガンは私たちが普段口にしているようなお肉や野菜など、聞いたことがある名前の材料でシンプルにできてます。

しかもこれらは人間も食べれる高い品質の材料です!

 

その気になればお味チェックをしてもOKということで、正直、これにはビックリでした。

反対に、ロイヤルカナンはちょっと聞きなれない、私たちが食べれそうにないような原料も入っています。

 

ロイヤルカナンは合成添加物がちょっと不安

フードが腐らないように酸化防止をすることは重要です。

そのためカナガンはハーブなどのナチュラルな成分を使ってキャットフードの酸化を防いでいます。

 

一方、ロイヤルカナンは残念ながら人工の酸化防止剤を使っています。

禁止されているものではなく絶対にダメというわけではないですが、なるべく体の負担になりそうなものは避けたいところ。

 

そう考えると、ロイヤルカナンの酸化防止剤はマイナスポイントです。

 

気になる価格の違いは?

最後に、飼い主の懐事情もフード選びに当たって結構重要なところ。

唯一、カナガンがロイヤルカナンに負けているのはお値段です。

 

10gあたりで計算すると、以下のような価格になります。

 

フード名 10gあたりの価格
カナガン 26.4円
ロイヤルカナン 13円

 

カナガンの価格はロイヤルカナンの約2倍です。

 

でも、体重4kgの成猫が食べる量にすると、1日あたりカナガンは50g=132円でロイヤルカナンは55g=71.5円。

その差はたった60.5円です。

 

材料へのこだわりや品質の良さを見る限り、決してカナガンが高すぎるとも思えないですよね?

 

うちのすめしは、お安いフードをあげていた時にたまに下痢をすることがあり、心配して病院に連れて行ったこともあります。

 

毎日飲んでいる缶コーヒーを2日に1回にするだけでまかなえるくらいの差なので、それならば心から安心できるフードを与えてあげた方が良いなと思っています。

 

カナガンの公式ページはこちら

 

カナガンってどんなキャットフード?評判や原材料、安全性詳しく解説!

 

まとめ

カナガンとロイヤルカナンを比べると、カナガンの方がメリットが多いフードだということが分かりました。

やはり真剣に猫の健康のことを考えたら、「グレインフリー」というのは魅力的。

 

お肉などの良いものはたっぷり、余計なものはできるだけ排除してという作り手のこだわりを感じられるフードです。

 

キャットフード カナガン ロイヤルカナン
パッケージ
穀物 不使用 小麦・とうもろこし
原材料 人間も食べれる品質 人間は食べれない
人工添加物 不使用 使用

 

なので、カナガンとロイヤルカナンで迷ったら、まずはカナガンを試してみるのがおすすめです。

 

カナガンの公式ページはこちら