「銀のスプーンってどんなキャットフード?」

「安全性は大丈夫?危険な原材料は使われていない?」

「口コミや評判はいいのかな?」

 

ホームセンターなどで手軽に購入できる銀のスプーン。

果たして愛猫に与えるキャットフードとして、安産性は大丈夫なのでしょうか?

 

そこで今回は『銀のスプーン 三ツ星グルメお魚レシピ』がどんなキャットフードなのかを詳しく解説します。

 

銀のスプーンってってこんなキャットフード!

銀のスプーンはテレビCMや店頭などで1度は目にする有名なキャットフードの1つ。

そのなかでも三ツ星グルメは最上級に位置づけられ、「贅沢な素材のうまみたっぷり」を謳っています。

 

銀のスプーン 三ツ星グルメお魚レシピ
原産国 日本
価格 310円前後(240g)
特徴 銀のスプーンの最上級に位置づけられる三ツ星グルメシリーズの1つ
酸化防止剤は天然のものを使用。
お魚レシピでも第一原料は穀物。魚介類の含有量は4番目。
着色料が使われている。
スーパーやホームセンターなどで手軽に手に入る。

 

お魚レシピは原材料をみると含有量の多い方から穀類、肉類、油脂類、魚介類の順番。

ドライ粒とマグロ入り粒の2種類が入っているので全体としてはお魚風味のようですが、魚介類よりも穀類や肉類のほうが多く使われています。

 

安価なキャットフードということで仕方ない部分はありますが、穀物に肉や魚を混ぜてかさ増ししたキャットフードというのが正直なところだと思います。

香りが強めで普段はあまり食べない他の香りの弱いフードと混ぜると誤魔化されて食べてしまうほどです。

 

銀のスプーン お魚レシピ原材料
穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、パン粉)、肉類(ポークミール、チキンミール、ビーフミール、チキンエキス)、油脂類、魚介類(フィッシュエキス、フィッシュミール、マグロミール、鰹節、煮干パウダー、白身魚ミール、乾燥シラス)、ビール酵母、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、リン、亜鉛)、調味料、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

 

酸化防止剤は天然由来のものですが、着色料が使われているのであまりお薦めはできません。

 

ぽんずぽんず

猫は匂いでエサを判断するので、見た目で美味しそうと感じることはありません。

着色料は猫のためではなく、人間の購買意欲をそそるために使用されています。

『銀のスプーン 三ツ星グルメ お魚レシピ』の評価とおすすめ度

当サイトの指標に照らし合わせた『銀のスプーン 三ツ星グルメ お魚レシピ』の評価は10点中2点。

 

2点/10点満点中
メイン食材はお肉? ×
穀物を使っていない? ×
人間が食べれる品質の食材? ×
ミール不使用? ×
安全性の気になる材料を使ってない? × 着色料
人工保存料は使ってない? 天然の酸化防止剤
尿路対策は?
獣医のおすすめはある? × 記載なし
全年齢対応? ×
定期購入で安くなる? ×

 

おすすめ度は星2つです。

 

原材料は安全?危険な添加物は使われていない?

お魚レシピの原材料には「ミール、エキス、パウダー」といった表記が多く、危険とは断定できないものの実際にどんな品質のものが使われたのか分からないのが本当のところです。

アレルギー性のある穀類が含まれていること、合成着色料の使用があるのであまり安全とは言えません。

 

ただ、合成着色料の安全性については意見が分かれるところであり、穀類についてもエネルギーコントロールの観点からは必要な場合もあるので、一概に原材料に含まれているから危険なフードという訳ではありません。

 

この辺りは飼い主さんの判断が分かれるところですが、値段が安いというだけあって、原材料にも不安な部分が多いというのが正直なところです。

保存料はミックストコフェロール(ビタミンE)やハーブエキスなので、この点は安全といえます。

 

猫ちゃんの食いつきについて

パッケージに「香り、おいしさ、星3つ」、「最後のひとくちまで夢中」と書かれているだけあって、食いつきは抜群です。

我が家の猫にも与えていたことがありますが、13匹全員がおねだりするほど夢中で、これまでのどのキャットフードより良く食べます。

 

銀のスプーンには他のシリーズもあり、それは味によって食べたり食べなかったり好みが別れましたが、三ツ星シリーズはどれをあげても喜んで食べます。

 

食いつきの良さを支えるポイントの一つとして「香り」が考えられます。

飼い主さんも食欲をそそられるのではと思うほど美味しそうな香りが猫ちゃんからの高評価につながっているのではないでしょうか・・。

 

ただ、「原材料には穀物が一番多く使われているのに香りが良い」というのも気になるところではあります。

 

おすすめポイントと注意点

おすすめポイントは猫が喜んで食べてくれること。

何度も匂いを確認して仕方なく食べる姿より、走ってきてパクパク食べている姿をみると幸せな気持ちになりますよね?

 

香りの強さを活かして食いつきの悪いフードのトッピングとしての利用も良いかもしれません。

マグネシウムの含有量が0.08%(標準値)と低く、下部尿路ケアに配慮されているところも評価できるポイントです。

 

ただ、穀物アレルギーのある猫ちゃんには与えられないということ、油脂類の影響か顎ニキビのできやすい子はたくさんあげると症状が悪化する可能性があることには注意してください。

喜んで食べるからといってあげ過ぎると太ってしまうので、適量を超えないように気を付ける必要があります。

 

安全性についてはあまり評価できないので、「品質よりも安さ重視」という方向けのキャットフードです。