今回は国産原材料で手作りに近い製法で作られている日本製のプレミアムフード「日本のみのり」について解説します。

 

 


国産の『日本のみのり』ってどんなキャットフード?簡単に解説

「日本のみのり」は株式会社サンユー研究所から販売されている国産のキャットフード。

その名のとおり原材料の生産もキャットフードの製造も日本で行われています。

 

日本のみのり
原産国 日本
価格 90円前後(200g)
特徴 主原料は牛肉粉と玄米
原材料は国産で製造も日本で行っている
合成保存料や着色料、危険な酸化防止剤の使用はなし
200g、800gの少量パックのみ
日本製のプレミアムフードで価格的には高価

 

メインに使われている食材は牛肉粉。

その他にもビーフエキス、魚粉、鶏レバー、かつお節など、肉・魚類が多く使われています。

 

日本のみのりの原材料
牛肉粉(国産)、ビーフエキス(国産)、玄米(山形県:減農薬米)、魚粉(国産:スケソウダラ)、鶏レバー(山形・宮城県:米沢郷牧場)、鰹節(国産)、昆布(北海道産)、卵殻カルシウム(国産)、食用牛骨カルシウム(国産)、グルコン酸亜鉛、ビタミンE、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、ビタミンD、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸

 

玄米が使われているのでグレインフリーではありませんが、小麦粉や大麦が使われていないグルテンフリーのキャットフードになります。

 

代謝エネルギーは100gで418kcalと比較的高めです。

 

手作りに近い製法で新鮮さにこだわって作っているため少量生産。

サイズは200g、800gの2種類で、1㎏以上の大容量タイプはありません。

 

保存料が含まれていないため、未開封でも保存期限は製造日から6か月程度です。

 

日本のみのり原材料は安全?危険な添加物は使われていない?

原材料は全て国産のものを使っていて、産地が明記されているものもあるので安心です。

 

ただ、肉類が多いのは良いことですが、牛肉はアレルギーを起こす可能性がります。

危険な材料とは言い切れませんが、合わない猫ちゃんもいるかもしれないので、その点は様子を見ながら与えましょう。

 

玄米についてはアレルギーが起こる可能性は低めなので、そこまで神経質にならなくてもいいと思います。

 

合成着色料や保存料は一切使用していないので、体への影響が心配される材料はアレルギー性のあるものだけです。

原材料自体が少なく、本当に手作り食のような感じなので、危険な添加物などの心配は必要ありません。

 

という訳で、後ほど詳しく解説しますが、当サイトのおすすめ度は星3つになります。

 


 

『日本のみのり』の評価とおすすめ度

当サイトの指標に照らし合わせた『日本のみのり』の評価は10点中6点。

 

6点/10点満点中
メイン食材はお肉(魚)?
小麦や大麦を使ってない?
とうもろこしなどの穀物は不使用? ×
人間が食べれる品質の食材? ×
ミール不使用?
安全性の気になる材料を使ってない?
人工保存料は使ってない?
尿路対策は? ×
獣医のおすすめはある? ×
その他の加点ポイントはある? 全年齢対応

 

おすすめ度は星3つです。

 

おすすめポイントは原材料が国産という安心感。

製造も日本で行っているという点に品質の高さと安全性を感じられます。

 

電気製品なんかも日本製=高品質という認識があるので、海外製のキャットフードよりも日本製の方が何となく安全で安心できるのではないでしょうか?

 

あとは東急ハンズなどでも販売されているという点での安心感もあります。

 

 

牛肉粉を使用しているので、もしかするとアレルギー反応を起こす猫ちゃんがいるかもしれません。

食べても問題ないかどうか分からない猫ちゃんにあげる時には、ごく少量をあげて様子を見ながら少しずつ増やしていきましょう。

 

2~3日で切替えたり急に量を増やしたりせず、2週間以上の時間をかけて吐き戻しや下痢がないかなど体調の変化を見てあげてください。

 

もう一つの注意点は保存できる期間が短いことです。

未開封でも製造年月日から6か月程度なので、開封した場合はなるべく早く使い切るようにしましょう。

 

食いつきについては、クチコミ自体が少ないので、良いのか悪いのか分かりません。

利用者さんが増えて詳細が分かることに期待したいところですが、その前に試してみる場合は1番小さいサイズの200gから始めると良いと思います。

 

キャットフードとしては高価なので、食べなかった時の痛手を考えると、まとめ買いの前にお試しをした方が無難です。

 


 

トータル評価

アレルギー性のある原材料が含まれていますが、肉や魚などのタンパク質が多めになっており、不要なものは一切含まれていないことなど概ね安全な材料から作られています。

 

また、日本製ということで製造工程や原材料の品質への信頼は海外製のキャットフードより高く、大切な猫ちゃんにあげるフードとして安心して使えます。

 

保存期限が短い、1袋が少量であることから、短い期間で使い切ることになると思いますが、価格が高めなのでフード代の負担や購入の手間が大きいことが懸念されます。

 

まとめ

「日本のみのり」は猫ちゃんに必要な栄養バランスを考え、原材料が選抜されています。不要なものは含まず危険な添加物もありませんが、アレルギーだけは心配が残ります。

 

日本製ということで素材や製品へ安心感はありますが、その分高価なため“価格よりも安全重視”の飼い主さん向けのフードと言えそうです。