猫は自分の舌を使って毛繕い(グルーミング)を行うのですが、その際に毛も一緒に飲み込んでしまいます。

 

飲み込んだ毛は、吐き出したり糞として排出されれば問題ありませんが、毛が体内にたまると腸閉塞などの症状を引き起こす場合があります。

特に長毛種を飼っている方にとっては特に毛玉は非常に気になるところですよね?

 

うちの猫も長毛種なので、毛玉のことはいつも気になっています。

 

 

毛玉対策にはブラッシングや猫草などの方法がありますが、普段与えている食事から気を配ることも大切です。

 

そこで今回は、毛玉ケアが謳われているキャットフードを紹介します。

毛玉が気になる飼い主さんは参考にしてください。

 

ぽんずぽんず

毛玉ケアのフードには食物繊維が豊富に含まれていて、食物繊維が消化器官の働きを促し、糞と一緒に毛玉を輩出しやすくしてくれるのが特徴です。

毛玉ケア(毛玉対策)が行われているキャットフード7選

ニュートロの毛玉トータルケア アダルトチキン

ニュートロは認知度が高く種類が豊富なことで知られています。

ニュートロは独自の製品管理により、厳選された素材の美味しさを損なわずに加工しているフードで、嗜好性に優れています。

 

その中でも毛玉トータルケアは、飲み込んだ毛を吐かずに糞による排泄がスムーズに行われるよう可溶性食物繊維を多く含むオオバコ種皮や玄米などの高品質の食物繊維をバランスよく配合したフードです。

 

また、皮膚や被毛の健康に良いリノール酸が豊富であったり、自然素材由来の抗酸化成分を使用していたりと、他の健康面でも配慮されています。

質と値段とのバランスや、ペットショップで購入しやすいという手軽さから1番におすすめさせていただきます。

 

BLUEの成猫用室内飼い毛玉ケア チキン&玄米レシピ

BLUEはイオンペットなどで見かけることが多くなったキャットフード。

2種類の粒がブレンドされているという変わったフードで、美味しさが凝縮されているノーマルな粒に、特殊な製法により栄養価が高い状態の濃い色の粒が加えられています。

 

またオオバコ種皮とセルロースを配合し、体内の毛玉の形成を軽減する効果が期待できるフードです。

 

玄米はアレルギー持ちの子にはおすすめ出来ませんが、そうでない子には適量摂取すれば良い栄養源になるし便秘改善の期待も出来ます。

 

なので、個人的にはグレインフリーではないからといって無下にすることはないと思います。

玄米アレルギーの子以外なら問題なく食することが出来るので、毛玉が気になる長毛種の猫ちゃんにもおすすめです。

 

ロイヤルカナン ヘアボールケア

ロイヤルカナンは動物病院などで広く取り扱っているメーカーです。

鶏とターキーをメインに使っており、水溶性食物繊維のサイリウムや不溶性食物繊維を豊富に配合することで、自然に毛玉が排出できるようになっています。

 

また、下部尿路が気になる猫の為にミネラルバランスにも気を遣っているので、そこも嬉しい所ですね。

このフードを2週間続けたことにより、糞便中の毛の量が倍に増えたというデータもあるそうです。

 

毛玉ケアに対しては一定の効果があるように思いますが、発癌性があると噂されるBHAが使用されているので、この点が気になる方は他のキャットフードを選ぶようにしてください。

 

Joseraのカルテックス 毛玉ケア

Joseraは通販で購入が可能なドイツの会社が作っているフードです。

鶏肉や鴨といった鳥類を主原料としたフードで、ジャガイモやオオバコ種皮といった食物繊維が含まれています。

 

また、尿管結石のリスクを回避するように尿のpH値が6.0~6.5になるようなミネラルを配合しています。

公式サイトでは400gで税抜き800円となっており懐にも優しいフードです。

 

また、公式サイトに載っている成分分析値などが非常に分かりやすくて個人的にはそこも好感を持てました。

タンパク質32%、脂質20%、カロリー339kcal/100gとなっています。

 

高品質でコストパフォーマンスにも優れていますが、入手方法がやや限定的であることが唯一の難点です。

 

アボ・ダームキャット ヘアーボール&ライト

アボ・ダームキャットはあまり店頭では見かけませんが、高品質で評判の良いフードです。

特徴は原材料にアボカドを使用していること。

 

通常、アボカドには猫にとって害をもたらす効果のある成分が含まれていますが、アボ・ダームは食用にも適している果肉部とオイルのみを使用しているので問題ありません。

※家で人が食べるアボカドを生で与えようとするのは止めましょう。

 

ヘアーボール&ライトにはトマト繊維やエンドウマメ繊維が多く配合されており、これらの食物繊維が毛玉形成を抑制してくれます。

 

1.2kg入りのフードが300gずつ小分けされているもの良い所。

また、マグネシウムが0.11%以下と明記されているのも気になる方には嬉しいですね。

 

タンパク質32%、脂質20%、カロリー375kcal/100gとなっています。

 

アボカドが飛び抜けて猫の健康に良いという訳ではありませんが、口コミも良く小分けされている点も高評価です。

 

FarminaのVet Life 毛玉マネジメント

Vet Lifeは様々な健康サポートに特化したフードのシリーズです。

鶏が主原料となっており、腸内運動を活性化させる不溶性食物繊維が豊富なエンドウ豆繊維と体内に溜まった毛玉を掃除する水溶性繊維質が豊富なオオバコが配合されています。

 

また、便秘防止などにもケアしているのが良い所ですね。

タンパク質34.2%、脂質15%、カロリー350kcal/100gとなっています。

 

ロイヤルカナンほど有名ではないですが、猫の健康サポートに特化しているメーカーのフードです。

 

アルモネイチャー ファンクショナル ヘアボールコントロール チキン&ライス

アルモネイチャーは世界で初めてナチュラルフードを作ったと言われる会社です。

フレッシュチキンを始めとして、ポークやビーフといった肉類が主原料になっています。

 

バランスよく配合された食物繊維が毛玉を便として排出するよう手助けしてくれるフードです。

ただし、牛肉は小麦や鶏などよりもアレルギーのリスクは高いとされているので、そこは留意した方が良いでしょう。

 

品質は良いのですが、アレルゲンのリスクがやや高い牛肉などを使っている点から、他の毛玉対策フードよりはおすすめランクは下がります。

 

毛玉ケアフードのまとめとお試しモニター

いかがだったでしょうか?

今回は毛玉対策が謳われている良質なキャットフードを紹介しました。

 

猫ちゃんの毛玉に悩んでいる方は、今回ピックアップした中からキャットフードを選んでみてください。

 

また、今ならピュリナワンが毛玉ケアフードをお試しできる500円モニターを募集しています。

1袋(2.2kg)が丸々お試しできるので、毛玉ケアフードを試してみたい方はこちらのモニターを利用するのもおすすめです。