「尿路結石の予防ができるキャットフードってあるの?」

「尿路ケアがされたキャットフードが知りたい。」

 

あなたはこんな風に思っていませんか?

 

店頭でキャットフードを見ていると「F.L.U.T.D.ケア」などと書かれた商品を目にすることがよくあると思います。

F.L.U.T.D.とは下部尿路疾患のことを指し、猫にとっては身近な病気。

 

具体的には膀胱炎や尿石症などのことを指します。

 

今回は、この尿路ケアがされているキャットフードを紹介します。

キャットフード選びに迷っている方は参考にしてみてください。

 

尿路対策の基礎知識

猫の祖先は乾燥した砂漠地帯で生活する生き物だったので、少ない水分でも生きていけるように濃度の濃い尿を排出するようになっています。

そのため、尿中に結晶が出来やすく、病気になりやすいと言われています。

 

予防方法は水分摂取量を増やしておしっこの回数を多くすること。

気軽に水が飲めるように水飲み場を増やしたり、トイレをいつも清潔に保っておくことが大切です。

 

 

水は猫の体重1kgにつき50mlほどを一日に摂取するのが理想とされているので、あまり水を飲まない猫ちゃんは、ドライフードをぬるま湯でふやかして水分摂取量を増やし手上げるのが効果的です。

 

また、運動量を増やして代謝を挙げてあげることも大切です。

 

尿路結石とミネラルバランス

下部尿路疾患の中でもかかりやすいのが尿石で、特に多いのがストラスバイトとシュウ酸カルシウムによるものです。

これらの尿石を予防するのに重要なのはカルシウム、リン、マグネシウムのミネラルバランスだといわれています。

 

一般的には『カルシウム:リン:マグネシウム=1.2:1:0.08』の割合が良いとされます。

 

いずれも猫の体にとって必要な栄養なので過剰に控えるのは良くありませんが、個体によっては多く摂取すると尿石が出来やすいという子もいます。

そのため、獣医さんと相談しながら猫の体に合ったものを食べさせてあげてください。

 

また、尿のpH値がアルカリ性や酸性に偏りすぎると尿の中にマグネシウムなどの結晶が出来て尿石に繋がるといわれています。

食後はアルカリ性に偏るなど多少変動はありますが、正常値は6.1~6.4と弱酸性です。

 

pH測定紙は通販などで販売されており手軽に購入できるので、健康チェックの一環で習慣づけるのも良いかもしれません。

 

特に尿道が細いオス猫の方がかかりやすいといわれていますが、私が飼っているメス猫も1歳で膀胱炎を発症したので個体差もあるのではないかと思います。

やたらトイレに行く回数が増えたり、尿を出すとき苦しそうに鳴いたりしていたら獣医さんに診てもらいましょう。

 

尿路ケアがされているキャットフード7選

フレッシュミックス フィーライン

 

フレッシュミックスのフィーラインは人間が食べることが出来るほど高品質な材料で作られたフード。

新鮮なフレッシュチキンや鶏肉を乾燥させて作ったドライチキンが主原料となっています。

 

粗悪な肉副産物や人工添加物は使用しておらず、ストラスバイト結石の予防になるといわれているクランベリーが配合されています。

1kgが2000円ちょっとと、コストパフォーマンスも優秀な部類に入るのが嬉しいですね。

 

タンパク質30%、脂質20%、カロリー392kcal/100gで、pH値は6.1~6.4となっています。

比較的コストパフォーマンスが良く、手軽に購入できるという点で1番におすすめです。

 

関連記事→アーテミス フレッシュミックスフィーラインの評判や評価を紹介!

 

Joseraのグルメな猫用 クリネッセ

Joseraはドイツ発祥のフードで、ラインナップも多く取り揃えています。

原材料は高品質なものを使用しており、毛玉や被毛にも配慮された栄養バランスになっています。

 

特にカルシウムとリンとマグネシウムのバランスが理想的なもので、尿のpHが弱酸性になるのを手助けしてくれるでしょう。

公式ホームページでどの栄養がどんな作用をするか簡潔に記してあり、非常に親切だなと感じました。

 

ただこのフードの場合主原料は鶏や七面鳥なのですが、サーモンミールを使用しているがために“美味しさサーモン”とサーモンをメインにしたような感じになっているのでそこは混乱してしまいました。

 

タンパク質31%、脂質13.5%、カロリーは372.6kcal/100g。

pH値は6.0~6.5となっています。

 

コストパフォーマンスが良く、ミネラルバランスの良さから2番目におすすめさせてもらいます。

 

FINE PET’S キャットフード

FINE PET’Sは通販限定のキャットフードです。

カナダのペットフード会社のサポートを受けた日本オリジナルブランドのフードで、鶏よりアレルギーリスクの低いアヒルの肉とニシンが主原料になっています。

 

人間でも食べることが出来るレベルの原材料しか取り扱っておらず、また消化吸収率が87%と非常に優れているのが特徴です。

お試しパックだと1.5kgを約1000円で購入できるのも魅力ですね。

 

タンパク質32%、脂質20%、カロリー427.2kcal/100gで、pH値は6.3となっています。

高品質でアレルギーリスクが低いのがおすすめポイントです。

 

NOW FRESHのグレインフリー アダルトキャット

下部尿路に配慮されていて、なおかつグレインフリーのフードを求めているという人にはNOW FRESHがおすすめ。

腸内善玉菌が配合されているのが特徴で、新鮮で安全な生肉、20種類以上のベリー類や野菜を使用し猫の健康をサポートしてくれるフードになっています。

 

クランベリーやメチオニンが配合されているので、ストラスバイト結石を気にされる方に特におすすめできます。

0.08%と低マグネシウムなのも嬉しい所ですね。

 

タンパク質31%、脂質18%、カロリー373.5kcal/100gとなっています。

やや値段は高めですが、低マグネシウムで様々な素材を使用している点から4番目におすすめさせてもらいます。

 

アボ・ダームキャット サーモン&ツナ

アボ・ダームはキャットフードには珍しくアボカドを取り入れたフードです。

アボカドは生のままだと猫には与えない方が良いとされているのですが、アボ・ダームが取り扱っているのは安全な部分のみでこのフードを与えたことで起きた中毒などはないそうなのでご安心を。

 

FLUTDに配慮しマグネシウムが0.09%以下と低めに設定されています。

また腸内環境を整えるイヌリンが配合され、主原料がアレルギーリスクの低い鴨と七面鳥を使用しているのも評価できるポイントです。

 

タンパク質32%、脂質17%、カロリー356kcal/100gとなっています。

アボカドそのものいそこまでメリットは感じませんが、マグネシウム値が低めでアレルギーのリスクが低いというのがおすすめポイントです。

 

ソリッドゴールド インディゴムーン

こちらもNOW FRESHと同じくグレインフリーで高品質なフードです。

ドライチキンやドライフィッシュなどを豊富に使用したフードで、原材料ごとに使用した酸化防止剤を記載しています。

 

在庫があればサンプルを取り寄せることも可能なので、消費者に対する配慮がきめ細かいという印象を受けました。

 

下部尿路の健康面では、メチオニンやクランベリーといった下部尿路の健康に良いとされているものが配合されているのが嬉しいですね。

タンパク質42%、脂質20%、カロリー386kcal/100gで、pH値は6.2~6.4となっています。

 

少々高タンパク質なので高齢猫には不向きかもしれませんが、グレインフリーである点などから6番目におすすめさせてもらいます。

 

ARTEMIS オソピュア グレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾー

 

こちらもグレインフリーのフードで、ガルバンゾーという豆類を豊富に使用しているのが特徴です。

ガルバンゾーとは通称ひよこ豆のことで、タンパク質が豊富でビタミンやカルシウムなども摂取することが出来る優秀な素材です。

 

主原料はフレッシュサーモンやドライサーモンを使用しています。

 

ストラスバイト結石予防に良いとされるメチオニンも配合されており、マグネシウムも0.1%と低くなっています。

タンパク質35%、脂質18%、カロリー386.1kcal/100gで、pH値は6.5となっています。

 

他のフードほどではないですが低マグネシウムであることやガルバンゾーを使用している点などから7番目におすすめさせてもらいます。

 

関連記事→アーテミス(サーモン&ガルバンゾー)の評価!評判や口コミも紹介!

 

尿路ケアキャットフードのまとめ&お試しモニター

いかがだったでしょうか?

pH値はあくまで目安なので、明記していないフードも多いです。

 

ただ、私は一応ここが明記されているかどうかも判断基準の一つにしています。

もし気になるフードがあれば一度メーカーに問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。

 

今回の記事を参考に猫と相性の良いフードを見つけてみてください。

 

また、今ならピュリナワンの尿路ケアをお試しできる500円モニターを募集しています。

1袋(2.2kg)が丸々お試しできるので、ピュリナワンの尿路ケアフードを試してみたい方はこちらのモニターを利用するのもおすすめです。